ホーム > 「ほうれい」の作業環境 > 品質管理体制
「ほうれい」の作業環境
品質管理体制

 現在印刷業界は、情報技術の進展とそれに伴う情報メディアの多様化を背景に、大きな業態変革の只中にあります。その中にあって、真にお客様のご要望にお応えするために、私たちは「品質」に対する方針と生産工程全体の管理体制を改めて明確にし、製品品質を確実に保証していくと共に、自らが持つ情報加工技術の「質」についてもさらに高めていく努力を形にしています。

大日本法令印刷グループ 品質方針

 私たち大日本法令印刷グループは、文化の発展に貢献するという創業以来の精神を旨に、情報産業の一翼を担う企業としての自覚をもって日々の仕事を遂行し、お客様や市場が満足される製品や技術を安定継続して提供します。

  1. 営業品質

     お客様や市場のニーズにそった提案営業を積極的に進め、お客様に信頼いただける営業活動を推進します。

  2. 生産品質

     お客様や市場に評価いただける安定した製品づくりのため、生産ラインの整備や生産技術の高度化に積極的に取り組みます。

  3. 開発品質

     お客様に有意なソリューションをご提供するため、変革する情報技術に対応したシステム開発に取り組みます。

  4. 管理品質

     法令遵守に徹した企業活動を進めるとともに、より高い営業品質・生産品質・開発品質の実現に向けた支援活動を推進します。

平成26年4月1日

代表取締役社長  山上 哲生


品質マネジメントシステムISO9001:2008

 当社は、2006年1月に、品質マネジメントシステムを構築し、認証を取得しました。
 私たちの認証取得は、グループ全社全部門でのシステム構築が特徴であり、印刷・造本工程全体の生産技術ばかりではなく、データベースなどの情報加工やシステム開発を含めた情報技術の分野も含んでいることが大きなポイントであると考えています。

 製品の完成までに数多くの生産工程を要し、情報技術の分野へと領域が拡大し続ける印刷業界にあって、「最善の技術と方法で、お客様にとって最良な製品を、安定して提供する」ことを目指した今回のシステム構築は、今後永きにわたる当社の技術基盤となるものと位置付けています。

登録詳細

適用規格JISQ9001:2008/ISO9001:2008
登録番号Q2104
登録日2006年1月12日
審査機関エイエスアール株式会社
適用製品
1.加除式法規書、法律書、一般書籍(文庫・新書・単行本・全集)、辞書、辞典、検定教科書、中央・地方諸官庁及び法人印刷物の企画・設計及び製作
2.電子書籍、CD-ROM、データベース及びホームページ用コンテンツの制作
3.組版に関連するソフトウェアの受託開発
適用組織大日本法令印刷株式会社 長野本社
大日本法令印刷株式会社 東京支社
株式会社 法令ニューコム
株式会社 法令ブックバインディング

品質を監視し続ける検査システム

デジタル検版システム

デジタル検版システム

 プリプレス部門においては、組版データとプレート出力された版の内容が完全に一致していることを確実にするために、デジタル検版システム(TIFFa2)を導入しています。

 組版データからプレート出力する際に、組版データを製版用のデータ形式に変換する作業が必要となりますが、この変換作業において文字化け・文字ズレ等が発生する可能性が無いとはいえません。プレート出力時の文字化け・文字ズレは、後工程での発見が非常に困難であるため、見過ごす事のできない大きな課題となります。

 そこで当社では、汎用組版ソフトのデータについて、プレート出力前にデジタル検版システムによる検査を実施し、出力トラブルを100%防止する体制を構築しています。
 変換前と変換後のデータが完全に一致していることを確認するために、変換作業前の正しい校正紙をスキャニングして作成した画像データと、変換後のTIFFデータをデジタル検版システム上で比較させることで、出力されるプレートの内容がゲラと完全に一致していることを確認しています。



折れ込み検知センサー

刷本検品システム
刷本検品システム

 印刷部門では、全ての印刷機に紙積み・給紙・反転時に発生する用紙の折れ込み・シワを検知するセンサーを設置しています。特に、紙が薄くなればなるほど折れ込みやシワが発生し易くなるため、薄紙作業には絶大な効果を発揮しています。

 また、オペレーターが自らの眼で品質を検査する際には刷本検品システムを使用し、余計な肉体的負荷をかけることなく、綿密に刷本をチェックすることが可能です。


丁合カメラ・ウエイトチェッカー

乱丁・落丁防止システム
乱丁・落丁防止システム
ウエイトチェッカー
ウエイトチェッカー

 製本工程は本造りの最終工程であり、絶対に不良を出すわけにはいかない工程といえます。
 そこで製本部門では、製造ラインの中でも特に高速で回転している丁合機にCCDカメラを設置し、印刷物の文字や絵柄を瞬間的に読み取ることで、乱丁・落丁を防止しています。

 また、丁合後にはウエイトチェッカーを設置し、文字通り一冊の本の重さをグラム単位で測定することにより、重丁・落丁を確実にシャットアウトしています。

ページトップ