組版 → 製版 → 印刷 → 製本

デジタル製版

データ変換

CTP

 組版データをプレートに出力するために、データ変換を行ないます。また、カラー印刷の場合は、この前段階でカラーマネージメント処理を行ないます。

デジタル検版

 校了紙とデータ変換後のCTPデータに相違がないか、デジタル検版システムで確認します。

面付

 本の完成時にページが正しい位置・順番になるように、自動面付システムであらかじめ決められた位置・順番にページを配置します。

プレート出力

 面付後、CTPシステムから印刷用プレート(版)を出力します。出力したプレートを検査後、印刷工程に渡します。従来のアナログ工程とは異なり、フィルム等の中間物を発生させることなくプレートを出力するため、文字・網点等が変動しない精度の高いプレートを作成することが可能です。

PPFデータ作成

 プレート出力と同時に、印刷機のインキ使用量を自動調節するデータ(PPFデータ)を作成します。PPFデータは、社内ネットワークを介して印刷機のデジタルコントローラーに送られ、PPFデータに基づいてインキつぼの自動調節が行なわれます。
 PPFデータを活用することにより、刷り出し時の時間短縮や色合わせで発生する損紙を削減することが可能となります。


アナログ製版

フィルム撮影

面付

 大型のカメラで版下を撮影し、フィルム(ネガ・ポジ)を作成します。

面付

 フィルムを1枚ずつ決められた位置・順番になるよう、特殊なテープを使って手作業で台紙に貼り付けていきます。

プレート焼付

 面付した台紙を焼付機で印刷用プレートに焼付け、プレートの検査後、印刷工程に渡します。

 
組版 ← → 印刷

ページトップ